「温活」カテゴリーアーカイブ

身体の体温を下げないようにするために

現代の人たちの悩みの中で、低体温というのがあります。末端冷え性などが有名ですよね。指先や足ものは、とても冷えやすいです。冬場などは、それでなくとも冷えやすいので身体を冷やさないように気を付ける必要があります。なぜなら、身体の体温が下がってしまうと、風邪を引きやすいくなったり、免疫力が下がってしまうからです。冷えは万病の元なので、身体の体温を一定に維ことの重要性は甘く見てはいけません。身体を冷やさないためには、代謝をあげ、健康的な生活リズムを維ことも大切です。良く食べ、良く動き、良く眠る、という一見当たり前な生活リズムを保つのは、実は意外と難しかったりしますよね。つい、夜更かししてしまったり、ジャンクフードやカロリーの高い食事をしてしまったりなど。それから、う運動不足なども案外深刻な問題となりやすいです。社会人になると、デスクワークの方もいます。座った状態のまま仕事をしていると、姿勢が悪くなったり、そのせいで、首や肩が凝ってしまったりなど、さまざまなトラブルを招いてしまうこともあります。身体の体温を保つためにも、定期的な運動は欠かせません。なるべく、移動の際は歩くこと、家事なんかもいいエクササイズになるので意識しながらやることをおすすめします。それから、食事に関しては、なるべく温野菜や温かいスープなどから食べることや、起床時に白湯を飲むなど、寝具は身に着けるもの自体はなるべく薄手で摩擦の少ない記事がおすすめです。部屋を十分に暖め、リラックスした状態で睡眠に入ることも心がけるといいと思います。リラックスについては、人によってさまざまな方法がありますが、効果的なもののひとつに、『香り』があります。自分の好きな香り、それから温かい飲み物、肌触りのいい生地などで眠りを快適にしてみてください。運動、食事、ストレスケアなど健康に繋がるものに関して、少しずつでもいいので今よりもこだわることで、身体の体温も上がってくるので、ぜひお試しください。