一般に水素、水素イオン、水素水とは

一般的に、水中に水素イオン(水素分子)を含むと、水酸イオン(OH-) 濃度は若干でもアルカリ性を呈するとも言われています。 食物で肉類など高タンパク質のものを食すると人間の体は酸性に傾きがちだとも言われています。

 

従って、弱いアルカリ性の「水素水」を飲むことによって体内の酸性度を中和するともされているのです。 此のことは体内に取り入れた水素イオンと活性酸素が結合して有害酸素を減らすという役割にもなり、美肌効果が或るとして若い女性達ににんきがあるのです。

 

御存知のように水素は活性的な元素で記号はHです、原子の中では一番軽く、単原子では酸素以上に活性度が高く、他の物質と容易に結合する性質があります。 此の水素イオン(元素)が酸素と結合して「水」になります。

 

悪玉の活性酸素が余分に発生し体内に貯まってしまうと、細胞を酸化させたり、細胞膜を破壊したり、更にはDNAを傷つけ、様々な病気や老化、生活習慣病を含めた疾患の原因にもなっているのです。 そこで期待されているのが、「水素水」なのです。